キホンのキ

2027年のキリン

2019年、キリングループは長期経営構想「キリングループ・ビジョン2027」を策定しました。その中でも、特に大切なポイントをお伝えします。

2027年までにめざす姿

食から医にわたる領域で価値を創造し、
世界のCSV先進企業となる

事業

「ヘルスサイエンス事業」を立ち上げ、
育成します。

キリングループの中核事業は「食(酒類・飲料)」と「医薬」です。世界的にも例のないこのユニークな事業ポートフォリオを活かし、病気にならないための事業=「ヘルスサイエンス事業」を立ち上げ、次世代の成長の柱として育成します。

CSV

世界のCSV先進企業になります。

キリングループのCSVパーパス

酒類メーカーとしての責任

全ての事業展開国で、アルコールの有害摂取の根絶に向けた取り組みを着実に進展させる。
(Zero Harmful Drinking)

健康

健康な人を増やし、疾病に至る人を減らし、治療に関わる人に貢献する。

地域社会・コミュニティ

お客様が家族や仲間と過ごす機会を増やすとともに、サプライチェーンに関わるコミュニティを発展させる。

環境

2050年までに、資源循環100%社会の実現を目指す。

先行きの見通しがますます困難な時代。持続的な成長を実現するために、CSV(Creating Shared Value。 お客様や社会と共有できる価値の創造)経営の深化により、社会的価値と経済的価値を生み出します。

長期経営構想
「キリングループ・ビジョン

キリンのキホン