[ここから本文です。]

実例で知る

キャリアデザイン

キリンの幅広い活躍フィールドを活かし、多様な職務経験を積む社員たち。 目の前の仕事に真剣に向き合う中で各事業への理解を深め、 新たな自身の強みやビジョンを創出しています。 環境の変化を前向き捉え、キャリアを描き、実現に向けて積極的に動く 社員一人ひとりを、キリンは尊重し全力で支援しています。 ここでは、キリン社員の多様なキャリアの一部をご紹介いたします。

※所属の企業・部署名などは当時のものです。

CAREER INTERVIEW
#01

キリンビバレッジ株式会社 東北地区本部
東北支社 流通担当
2013年入社
出身:農学部 資源生物学科

KEYWORD

量販営業/CSV

2013年7月(入社1年目)〜

キリンビバレッジ株式会社
広域流通営業部
販売推進担当

大型スーパーマーケットの営業担当。エリアや担当者の特性を見極め、課題把握力を磨く。

神奈川エリアの大型スーパーマーケットを担当。約10店舗に対して、新商品の案内や買い場展開の提案などを行いました。基本的に、営業車で直行直帰の毎日。実際に商品を陳列する機会も多く、想像以上に体力を使いました。また、各店舗の担当者はそれぞれ考え方や特徴があり、初めは会話が続かないことも。喜んでいただける提案のヒントを探し続け、イベント好きな担当者には店舗周辺でのお祭りに合わせたオリジナルイベント、サッカー好きな担当者にはサッカーグッズが当たるキャンペーンなどを提案。コミュニケーション能力はもちろん、課題把握能力が身についた期間でした。

2015年7月(入社3年目)〜

キリンビバレッジ株式会社
首都圏地区本部
首都圏第三支社
神奈川営業担当

川上から川下まで、商売の全体像を学ぶ。キリンビール発祥の地で、さまざまな協働を経験。

神奈川エリアの大型スーパーマーケットを担当。約10店舗に対して、新商品の案内や買い場展開の提案などを行いました。基本的に、営業車で直行直帰の毎日。実際に商品を陳列する機会も多く、想像以上に体力を使いました。また、各店舗の担当者はそれぞれ考え方や特徴があり、初めは会話が続かないことも。喜んでいただける提案のヒントを探し続け、イベント好きな担当者には店舗周辺でのお祭りに合わせたオリジナルイベント、サッカー好きな担当者にはサッカーグッズが当たるキャンペーンなどを提案。コミュニケーション能力はもちろん、課題把握能力が身についた期間でした。

2017年4月(入社5年目)〜

キリンビバレッジ株式会社
首都圏地区本部
東京支社 営業担当

全国規模の卸売企業との合同会議を主催。コミュニケーション上の課題を、周囲を巻き込んで解決。

広域特約店と、スーパーマーケットの本部を担当。広域特約店とは、卸売店の中でも各メーカーとの特別な契約を結んだ全国的な卸売企業です。担当した際には社内外で関わる人数が圧倒的に増え、思うように物事が進まなかったり、温度感が伝わりにくかったりすることも。そこで実施したのが、両社の役員クラスを交えた合同取組会議。両社から50名ほどが参加し、現状の課題や依頼事項、今後の取り組みについて議論しました。事前調整には時間も手間もかかりましたが、先方がこちらを見る目線は確実に変わり、競合他社に対して優位性を作るきっかけに。課題解決のために何をしたらよいのかを考え、その解決に向けて道筋を立てる力と、周囲を巻き込む力が身につきました。

2019年10月(入社7年目)〜

キリンビバレッジ株式会社
東北地区本部
東北支社 流通担当

1企業に担当を特化。お得意先にとっての全体最適を考えながら、さらに深く課題解決に挑む。

東北エリアで流通企業の本部担当に。今までは数企業を担当していましたが、この時期から1企業に特化することに。細かな実績の分析や棚割りなど、自社だけでなく、競合を含めた全体最適の視点からの提案が必要不可欠。CSVに絡めた提案や、独自キャンペーンの実施なども行っています。特にCSV観点については活動を強化中。ベルマーク回収に連動したキャンペーンや、生茶デカフェR100ボトルや生茶ラベルレスといった環境配慮に特化した商品、東北になじみの深い小岩井ブランドの拡売提案などを実施。お得意先の課題解決につながる提案を日々模索しています。また、東北地区本部内での主要企業を担当したことで、社内に向けた情報配信にも注力。後輩も増えてきており、アドバイスや指導をする機会も多くなっています。

キャリア形成の上で大事にしていることは?

自分が興味を持つことに積極的に取り組むようにしています。得意分野を伸ばし、そこで活躍したいと考えていますが、偏ってしまっては意味がありません。とにかく視野を広く持ち続けられるように意識しています。過去にはベンチャー企業への出向に関する社内公募を受験し(残念ながら叶いませんでしたが……)、最近ではさまざまなオンライン講座や社内での勉強会などにも参加。また、リーダーを含めた先輩や同期、時には後輩とも積極的な意見交換を心がけるなど、将来、営業の最前線で活躍するために何が必要なのかを考えながら活動しています。

これから挑戦したいことは?

将来的には営業のリーダーとして、担当エリアのキリンファンを増やす活動をしたいですね。消費者の価値観が大きく変わり、ただおいしいだけでは売れない時代。キリングループの商品を通して、取引先や地域の課題解決に貢献するなど、新しい価値を提供したいと考えています。今後は新商品の開発やキリンビバレッジ以外のグループ会社などの事業にも関わってみたいと考えています。そのような経験を通して、グループ力を背景にした商品の魅力を語れる営業パーソンに成長したいですね。

CAREER INTERVIEW
#02

メルシャン株式会社 マーケティング部 輸入グループ
2010年入社
出身:文学部 経営学部

KEYWORD

量販営業/海外駐在/マーケティング

2010年7月(入社1年目)〜

メルシャン株式会社
中四国支社 中四国営業部
第一支店

小さな組織だからこそ、大きな裁量がある。自分の行動が、組織の成果に直結する喜び。

広島・山口エリアにて、量販店向けの営業を担当しました。メルシャンはキリンビールやキリンビバレッジと比較して組織が小さく、さらに中四国支社は全国の営業組織の中でも最も小さい組織です。その分、入社当初からさまざまな得意先を任され、幅広い業務(担当のスーパーや酒専門店だけではなく、特約店や卸、業務用の酒屋や飲食店、キリン社の窓口など)を経験することができました。裁量も比較的大きく、自身が考えて行動した結果がダイレクトに組織に反映されることに、やりがいと喜びを感じていました。

2012年10月(入社3年目)〜

メルシャン株式会社
中四国支社 中四国営業部
第二支店

グループや組織の壁を超え、効果を最大化。経験の幅広さが、自分の視野までも広げてくれる。

四国エリアで量販営業に従事。四国4県を上司と自分の2人だけで担当したため、これまで以上に幅広いお得意先と業務に対応することになりました。そこで身をもって体験したのが、各県にあるキリングループ支社の仲間に味方になってもらうことと、多くの知恵を借りて効果を最大化することの重要性です。自分だけでできる範囲は限られていますが、グループの壁や組織の壁を越えて働くことで、より大きな結果につながることを学びました。同時に、自分が得た結果や事例を同じ課題を抱えた全国の担当者に広げ、全社にとってのプラスにしていく大切さにも気づきました。関わるお得意先や業務が多いからこそ、視野を広く持てたのだと思います。

2015年10月(入社6年目)〜

メルシャン株式会社
マーケティング部
欧州事務所

未知の仕事が連続するパリへ。ワインという商品を、日本へ届ける意義を改めて実感。

パリにある欧州事務所に駐在。ヨーロッパを中心に、自社グループが輸入する海外ワイナリー関連の仕事を幅広く行う部署に配属されました。まったく知識のない製造や品質管理、物流、マーケティングへの関与や、お客様へのアテンド、さらに英語でのコミュニケーションと、あらゆる仕事が未知の連続。それらを通じてワインビジネスの全体像に触れ、全体最適の視点が身につくなど、自分の世界が広がるいい機会でした。改めて気づいたのは、生産者から輸入者まで、さまざまな想いが込められたワインという商品の魅力。ワインが日常を彩る生活をどのように日本のお客様に届けるか、メルシャンが実現したい想いとその課題をリアルに感じることができました。若手にもこうした海外経験のチャンスがあることは、メルシャンの魅力のひとつです。

2019年1月(入社9年目)〜

メルシャン株式会社
マーケティング部
輸入グループ

輸入ワインの魅力を広げるために、ブランドの価値をさらに高めていく。

自社が輸入するワインブランドのオーナーとして、ワイナリーとの各種交渉や日本における販促計画の策定など、ブランドを経営する業務を手がけています。まだまだお客様にはわかりづらいとされる輸入ワインの中で、メルシャンが取り扱うブランドの魅力・価値をいかに多くの人に届けるか、いかに適切な対価をいただくかを常に模索しています。さまざまなネットワークを活用して魅力的な商品を探し出すこと、時には海外ワイナリーと協力して新たに商品をつくりあげること、文化の異なる各ワイナリーと厳しい交渉をすることなど、まさにワイン事業・輸入事業だからこそ経験できる仕事ばかりです。

キャリア形成の上で大事にしていることは?

仕事を経験しながら、自分はどんな価値観を大切にしているのか、何に共感しているのか、何をどうしたいのかなど、自分自身の想いや考えを改めて理解することがキャリアを形成していくうえでまずは大事なことだと考えています。それに加えて、いかに自身が成長するか、それを組織の成長にどうつなげていくかを考えること、多くの人の意見を聞きながら自らも考え、行動していくことが主体的なキャリアを形成していくうえで大事だと思っています。

これから挑戦したいことは?

お酒が好きで、お酒が持つ魅力を多くの人に伝えたい、その中でも、まだまだ可能性のあるワインの魅力をもっと多くの人に伝えたいという入社動機は今も変わっていません。その実現のためにも、お酒の魅力発信に真剣に取り組むキリングループのさらなる成長につながる経験を、幅広く積んでいきたいと思っています。たとえそれが直接ワインを売ることではなくても、キリングループやワインとは関係のない仕事でも、そこで得た自身の経験・成長は、いつか必ず目標の達成につながっていくと思っています。

CAREER INTERVIEW
#03

キリンホールディングス株式会社 ブランド戦略部
2005年入社
出身:経営学部 経営学科

KEYWORD

自販機営業/商品開発/マーケティング/ブランド戦略/社内公募

2005年4月(入社1年目)〜

キリンビバレッジ株式会社
首都圏地区本部 市場開発部
営業担当

自動販売機の営業を担当。「人と人をつなぐこと」という、仕事の大きなテーマに出会う。

自動販売機の新規顧客開拓担当として営業のノウハウを学びました。組織の中で取り組みを成功させるには人を巻き込むことが必要不可欠ですが、取り組みがもたらすメリットを明確にすることと、断られても諦めない熱意がそのカギだと実感。また、あるテーマパークを担当した際に「キリン 生茶」のオリジナルデザイン開発に携わったのですが、そのパッケージに気づいたお客様同士が向かい合って笑顔になる様子を目撃。お得意先の担当者とバンザイしたことが印象に残っています。この経験以来、キリン商品を通じて「人と人をつなぐこと」が仕事をするうえでのテーマになりました。

2009年11月(入社5年目)〜

キリン・トロピカーナ株式会社
商品開発部 ブランド担当

手を挙げて商品開発部に異動。想いと現実のギャップに悩みつつ、商品づくりの本質に気づく。

商品開発を通じて人と人とのつながりに貢献したいと考え、社内公募制度を利用して商品開発部へ。最初のうちは「この商品なら売れるはず」という勝手な思いが先走り、結果的になかなか売れないという壁にもぶつかりました。けれど、そうした失敗があったからこそ、商品づくりとは商品自体の完成度を高めることではなく、お客様の気持ちに寄り添って「ファン」になってもらうことなのだと体感。人と人をつないでファンを増やせたとき、そこに「ブランド」としての価値が生まれるのだと学びました。

2014年4月(入社10年目)〜

キリンホールディングス株式会社
ブランド戦略部

再び社内公募制度を活用。社内外で人と人をつなぎながら、さらなるブランド価値の向上へ邁進。

もっと「KIRIN」や「ブランド」のことを学びたい、社内外で人と人をつなぎたいと考え、再び社内公募制度を活用してブランド戦略部に。インターナル(社内)ブランディングでKIRINのグループ会社同士や部署同士をつなぐ重要性を学び、現在はアウター(社外)ブランディングを担当。サッカー日本代表オフィシャルパートナー業務(キリンチャレンジカップのTVCM制作やプロモーションプラン立案)などを通じて、KIRINファンを増やし、KIRINブランドの価値を向上させることに取り組んでいます。2021年からは新しいプロジェクト・リーダーとしてKIRINブランドのさらなる価値向上に携われることになり、ワクワクしています。

キャリア形成の上で大事にしていることは?

キャリアは進化・変化するもの。だからこそ、常に自分らしいキャリア・テーマや目標を掲げ、「いつまでに、このぐらい頑張る!」と、できるだけ具体的にイメージして行動し続けることが必要です。私自身も、その実践によってキャリアを切り拓くことができたと実感しています。社内公募制度の活用もそうした行動のひとつです。また、特に大事なのは、自分のありたい姿やPassionを、私自身がワクワクしながら、上司やチームメイトなど周囲の人に発信し続けることだと思います。そうすれば必ず、たくさんの応援を得られるはずです。

これから挑戦したいことは?

私のキャリアは、たくさんの人の応援で成り立っていると感じています。今後はこれまでの経験や知見を活かして、社会や人を「応援する側」にもなっていきたいと考えています。社内ではここ数年、入社2~3年目の方とキャリアや仕事について会話する「メンター&メンティー制度」に参加。少しでも役に立つことを願って活動しています。その一方、応援しているつもりが、いつのまにか応援されていたのだと気づくことも多く、私自身もメンティーや部署(チーム)のみんなと一緒に成長させてもらっている感覚です。誰かが誰かを応援する、応援し合う、こんな「応援の輪」を社内外問わず広げていきたいですね。

CAREER INTERVIEW
#04

キリンホールディングス株式会社 経営企画部 DX戦略推進室
2004年入社
出身:経営学部

KEYWORD

量販営業/人事/広報/マーケティング/デジタルICT/産休・育休

2004年10月(入社1年目)〜

キリンビール株式会社
近畿圏本部 近畿圏量販部
販売推進担当

量販店の営業担当。商品を買っていただくことが、当たり前ではないと知る。

京都市内の量販店の営業担当として、毎日営業車で店舗をめぐり、新商品案内や売り場提案、商品陳列などを行っていました。店舗のバックヤードで飲料ケースを台車に積み込む、体力的にも大変な日々。でも、お客様との接点である店頭で、商品がお客様の手に渡るまでの流れに携わることで、商品を置いていただくこと、その商品をお客様に買っていただくことが、決して当たり前ではないと体得できた1年間でした。店舗の一定スペースをお借りしてキリン商品をたくさん陳列する大陳を獲得できた時は本当に嬉しく、販促物でお客様の目を惹く陳列にも力を入れました。

2005年10月(入社2年目)〜

キリンビール株式会社
人事部 人事担当

多くの協力を得ながら採用活動に従事。ダイバーシティの第一歩として、女性活躍を推進。

東京に転勤。主に採用担当として、大学訪問や採用セミナーの開催、採用面接などを行っていました。学生さんと会社、両方の将来に影響する責任の大きな仕事でしたが、採用した方々が社内で活躍している様子を見ると嬉しく、私も頑張ろうという気持ちに今でもさせてもらっています。多くの社員に採用活動に協力してもらえたこともありがたく、その中で人とのつながりもできました。また、女性の活躍推進も担当していました。当時はまだまだ手探りでのスタートでしたが、全社的な取り組みに携わる貴重な経験でした。

2009年10月(入社6年目)〜

キリンビール株式会社
CSRコミュニケーション部
広報担当

キリンビールの情報を、ニュースとしてお客様に届ける。新たな学びに満ちた2年間。

報道担当として、会社の取り組みや新商品のニュースリリースを作成し、マスコミに向けてリリースの案内をしたり、発表会や記者会見を開催したりすることで、自社の情報をニュースとしてお客様にお届けする活動を行っていました。情報の作り方、ニュースリリースの書き方、マスコミとの関係構築、記事化される喜びなど、新たな学びと経験が数多くありました。会社代表としてマスコミに接するために会社をよく理解しておかねばならず、不明点はすぐ該当部署に問い合わせるなどスピード感も必要なので常に緊張感がありましたが、非常に勉強になり、成長できたと感じる2年間でした。

2011年10月(入社8年目)〜

キリンビール株式会社
マーケティング本部
マーケティング部
企画担当(メディア)

デジタルメディアを活用した広告出稿のプランニング。2度の産休・育休も経験。

メディア担当として、各ブランドの広告を出稿する媒体(メディア)のプランニングを行いました。決して得意ではなかったデジタル分野に関わることになりましたが、デジタルメディアが大きく変遷していく中でのプランニングは、時代の潮流を読む面白さがありました。ブランド担当が持つ想いや情熱、商品ができるまでの苦労を身近に感じることができ、ブランドへの愛着もより一層深まりました。新商品の立ち上げ時など、ブランドのことをしっかりと理解し考え、社内外関係者をリードしながらプランを確定させた瞬間には強くやりがいを感じました。また、この8年半の間に産休・育休を2回(計3年間ほど)取得し、育休帰時からは短時間勤務で働いています。

2020年4月(入社17年目)〜

キリンホールディングス株式会社
経営企画部
DX戦略推進室

キリンのデジタルトランスフォーメーションを推進。人脈に支えられながら、挑戦を続ける。

前部署でデジタルメディアに足を踏み入れたためか、また別のデジタル分野であるDX(デジタルトランスフォーメーション)に携わることになりました。DXとは「デジタル技術とデータを活用して、ビジネスモデルや業務プロセスを変革すること」ですが、デジタルの知識はもちろん、グループ各社・各部門の業務や課題の理解も必要で、やりがいがある一方、本当に難しい分野だと感じています。戸惑いながらも、多様なメンバーの中で私らしい役割や存在意義を意識し、勉強とチャレンジの日々を送っています。改めて感じているのは、チャレンジは自分を成長させること、そして、人とのつながりは仕事上でもとても大切だということ。初めての業務であっても、知り合いを見つけるだけで安心感ややりやすさがぐっと向上します。これからも人とのつながりを大切にしていきたいなと思います。

キャリア形成の上で大事にしていることは?

私はこれまで、希望してその部署に異動したことがなく、キャリアに関する思惑がすべて叶ってきたわけではありません。でも、異動した先々で精いっぱいに取り組んで楽しんできた、ということは言えます。「今なの?」とか「ここに?」と毎回感じながら異動しますが(笑)、それでも懸命に取り組んでいると、必ずやりがいを感じる瞬間があり、やがてすっかりその仕事が楽しくなっています。振り返ってみれば、どの部署も仕事も、とても楽しくやりがいがあったなと感じています。この先のキャリアも思惑通りにはいかないでしょう。でも、その先々できっと楽しめるという気概を持ち、キャリアというものを柔軟に考えていきたいなと思っています。

これから挑戦したいことは?

今の業務であるDXの経験や知識を活かして、ビジネスや業務プロセスを変革するといった気持ち・視点を持ち続け、組織を動かしていける人材になりたいなと思います。また、ライフ(子どもの成長など)に合わせて働き方を柔軟に変えながらも成果を出すことで、会社が多様性を推進する一助となれるといいなと思っています。会社の業務からはそれますが、子どもが生まれたことをきっかけに家の中の整理収納に興味がわき、「整理収納アドバイザー1級」の資格をとりました。いつかこの資格を活かした活動が何かしらできるといいな……と常々思っています。

CAREER INTERVIEW
#05

キリンビール株式会社 首都圏セールスサポート部(リテールサポート)
2003年入社
出身:文学部 人間科学専攻

KEYWORD

業務用営業/量販営業/営業企画/産休・育休

2003年10月(入社1年目)〜

キリンビール株式会社
首都圏統括本部
横浜支社営業部

「相手のお話を聞く」ことを基本にニーズに寄り添い、社会人としての基礎を固める。

半年間の研修を経て本配属。神奈川県湘南エリアで、飲食店向けの商材を取り扱う酒販店様、および飲食店様向けに営業を行いました。2回りほども年の離れた経営者の方とは会話がなかなか続かず苦戦しましたが、無理に売り込もうとするのではなく、まず「相手のお話を聞く」ように意識することで、ニーズに寄り添った提案が自然とできるようになりました。「営業」としてはもちろん、「社会人」としての基礎を作っていただいた時期でした。

2008年9月(入社6年目)〜

キリンビール株式会社
近畿圏統括本部
流通支社営業部

量販営業として、お得意先とのWin-Winを目指す。商品を手にするお客様の笑顔にうれしさを実感。

近畿圏で、ディスカウント業態を対象とした量販営業に従事。提案した商品が採用され、お得意先とキリンビール双方の売上・利益に貢献することを目標に活動していました。商品を導入いただくにあたっては、お得意先の要望の真因を考察し、当社の提案と擦り合わせながら最善の提案ができるように努力。苦労することもありましたが、その分採用となった商品が店頭に並び、手に取るお客様の笑顔を自分の目で確認できた時は「頑張ってよかった」と実感できました。

2012年10月(入社10年目)〜

キリンビール株式会社
首都圏統括本部
流通第3支社

産休・育休からの復帰で実感した周囲のやさしさ。恩返ししたい気持ちが生まれる。

2011年に第1子を出産。その約1年後に、時短勤務でコンビニエンス業態担当の量販営業として復職しました。ママさん社員になっていちばんありがたいと思えたことは「人のやさしさ」。また、「一人でできる仕事は思いのほか少ない!」ということも実感しました。子どもの体調が悪い時や保育園の呼び出しがあった時にも、職場のみんなが声をかけてくれて、フォローに回ってくれました。やさしい気遣いに触れるたびに感謝するとともに、目標達成による組織貢献や、後輩を始めとする人材育成を通じて恩返ししたいという気持ちが高まりました。

2018年10月(入社16年目)〜

キリンビール株式会社
首都圏統括本部
セールスサポート部

提案成功や目標達成のための支援を担当。営業部門からの感謝が最大のモチベーション。

社内の営業部門向けに、商品や販促、取り組みの提案のためのシナリオ構築や資料作成支援、目標達成に向けたマネジメント支援をしています。営業部門から「ありがとう、助かった」「お得意先が喜んでくれた」といった声をかけられると、私自身も嬉しく感じることはもちろん、さらに貢献していきたいというモチベーションが上がりますね。

キャリア形成の上で大事にしていることは?

仕事においては計画通りに進まないことがたくさんありますし、異動や担当業務の変更など、キャリアプランでは描いていなかった転機も突然訪れます。しかし、環境変化の中で遭遇した出来事や偶然に出会った人などから、多くの知見やチャンスを得た結果、自身の成長につながることがよくあるように思います。自分のありたい姿を実現するためのスキルアップを惜しむことなく、環境変化に対しては肯定的にとらえること、あらゆる物事をいったんは「自責」で考えることが、自身の成長を促すうえでの大事なポイントだと思います。

これから挑戦したいことは?

入社から20年弱になろうとしており、今日まで社内外のたくさんの方々に助けていただきながら、仕事に育児にまい進できていると思います。これからは、自分の個人知や経験を組織知へと昇華し、「キリンDNA」を継承すべく後人の育成に関わるような業務に携われたらと思います。プライベートでは、二人の息子に私の働く姿を見て「かっこいいな」と思ってもらえたらうれしいですし、月並みな夢ですが、彼らが成人したらキリンビールで乾杯したいですね。

CAREER INTERVIEW
#06

キリンビール株式会社 生産本部 生産部 需給担当
2003年入社
出身:総合政策学部 総合政策学科

KEYWORD

需給/生産/物流/IR/チャンレンジサポート/キリンビジネスカレッジ/チームマネジメント

2003年4月(入社1年目)

キリンビール株式会社
岡山工場 総務担当

工場と店頭。2つの現場を知ることで、キリンの大切な考え方をリアルに体得する。

まずビール工場で3か月研修し、製造現場の基礎知識を学ぶとともに、ものづくりへのこだわりを体感。その後、お客様との接点である量販店・料飲店で3か月研修し、こだわりをもってつくられた製品を選んでいただく喜びを感じました。こうした研修があったからこそ、キリングループが創業以来大切にしている「お客様本位」「品質本位」の考え方をリアルに学ぶことができたのだと思います。また、今振り返れば、「三現主義(現場・現実・現物)」=「自分の目で確かめ」「自分の耳で聴き」「自分の肌で感じ」「自分で考える」ことの重要さを知らず知らずのうちに学んでいた気がします。

2003年10月(入社1年目)

キリンビール株式会社
西日本物流部 需給担当

「需給って何?」という状態に始まり、生産と物流の基本をひとつひとつ学ぶ。

西日本エリアの製品需給を担当する部署に本配属。需給とは需要と供給のバランスをとることで、具体的には「適切な需要予測をもとに、適切な製造量を決め、適切なタイミングで運ぶことで、適切に在庫をコントロールする」ことを指します。これによって製品の欠品と過剰のいずれも回避しながら、できるだけ物流コストを抑えることが求められます。そもそも需給って何?というところから始まり、モノをつくったり運んだりするためには、いつ、誰に、どのような依頼が必要かなど、少しずつ仕事の仕方を覚えていきました。

2005年4月(入社3年目)

キリンビール株式会社
物流本部 物流部 需給担当

需給としての活躍の幅をさらに広げる。未曾有の大災害の中でも、供給責任を果たすために奔走

本社の需給担当へ異動。全国の製品需給年間計画、空容器(びん・樽など)・ビールパレットの投入計画、包装資材(カートン・缶など)の調達計画など、担当する業務の幅が広がりました。予測をはるかに超えるヒット商品が連続した2009年には、製造現場、物流現場、本社関係部門と一丸となって欠品回避に取り組み、業績に貢献できていることを実感。2011年の東日本大震災では、情報が錯綜し、また津波被害によって仙台工場の製造・物流がストップする中で、いかに供給責任を果たしていくかを日々必死に考えながら仕事に取り組みました。

2012年4月(入社10年目)

キリン物流株式会社
東日本支社 物流管理部
物流管理担当

物流と納品の現場に身を置くことで、サプライチェーンの全体像を把握。資格取得にも挑戦。

現場により近い支社の立場から、高い物流品質の実現とコスト低減の両立に取り組みました。新規納品にあたっての条件確認や、ビールパレット流出防止への協力依頼などで、訪問したお届け先は100以上。アサヒ社、サッポロ社、サントリー社と協働で、共同配送・回収の仕組みづくりなども担当しました。これまでは需給担当としてサプライチェーンの上流段階を経験したのに対し、ここでは物流拠点での出荷作業やお届け先への納品といったサプライチェーンの下流段階を経験。酒類と清涼飲料の両方にも関わることができ、国内サプライチェーンの全体像を捉えられるようになりました。またこの時期、キリンビジネスカレッジを受講したほか、チャレンジサポートを活用してロジスティクス経営士の資格も取得しました。

2015年10月(入社13年目)

キリンホールディングス株式会社
グループコーポレート
コミュニケーション担当
IR室

IR活動に携わり、専門知識を鍛える。トップマネジメント層の視座・視野・支店に触れる。

IRとはInvestor Relationsの略で、企業が資本市場向けに、経営状態や財務状況、業績の現状や見通しなどを広報する活動のこと。企業価値の評価に非常に大きな影響を及ぼします。私は決算発表会におけるトップマネジメント層への後方支援や、機関投資家や証券アナリストへの個別取材対応を担当しました。キリンホールディングス全体の事業戦略について的確に回答することが求められるため、かじった程度でしかなかったマーケティングやファイナンス、アカウンティングなどの知識を駆使しなければならず、悪戦苦闘。けれどこの経験のおかげで幅広い知識が研修レベルから実務レベルに近づき、またトップマネジメント層の視座・視野・視点に間近で触れられたことが、その後の仕事に大きく影響していると思います。

2016年10月~(入社14年目)

キリンビール株式会社
生産本部 生産部
需給担当

サプライチェーン全体への知見を活かし、経営職として生産と物流の最適なバランスを追求。

経営職の立場から需給に従事しています。サプライチェーン全体に対する知見を活かしながら、生産と物流の最適なバランスを柔軟に追求しています。たとえば2018年。本麒麟の大ヒットやプライベートブランドビジネスへの参入により販売が急増する一方、物流業界の人手不足は深刻化しており、いかにモノの動きを少なくできるかが重要でした。打ち手として工場の保管能力の増強を提言したところ、組織一丸で速やかに実行されました。コロナ禍で需要構造が激変する昨今、「リスク想定」「計画精度」「変化対応」の3つをキーワードに、十数名のメンバーとともに在庫を欠品・余剰なく適切にコントロールすべく、熱意をもって取り組んでいます。

キャリア形成の上で大事にしていることは?

「結果に一喜一憂せず、一所懸命に取り組むこと」。理想どおりにいかないことや辛いことはよくありますが、後から振り返ってみると、意味があったと思えることも多いもの。ですから、自分なりに日々を大切に積み重ねることを大事にしています。そして「相手を信頼すること」。個人にできることは限られています。社内外のプロフェッショナルと信頼し合って協働することで、強みの掛け合わせで大きな価値が得られるのだと考えます。最後に「自分の専門性や技術を高めること」。私自身でいえば、サプライチェーン領域における専門性を高めることを、キャリアを考える上での軸にしています。当たり前のように見えるけど実は結構すごいこと、目立たないようで実はイケてる脇役……のような存在感に価値を感じますね。

これから挑戦したいことは?

キリングループの幅広い事業領域の中で、国内・海外を問わず、サプライチェーン領域における自身の専門性を高め、それを自身の幹とした上で、貢献していきたいと考えています。また、経営職の立場でチーム運営をするようになって、メンバーの成長支援に強くやりがいを感じるようになりました。日々努力して成長しているメンバーの姿をみるのは大変喜ばしく、今までの自身の経験・知見を還元することで、その成長を後押しできればと思っています。

CAREER INTERVIEW
#07

キリンホールディングス株式会社 経営企画部 DX戦略推進室
1995年入社
出身:理工学部 管理工学科

KEYWORD

デジタルICT/海外留学/チームマネジメント

1995年4月(入社1年目)

キリンビール株式会社
システム開発部

情報化社会の本格的な到来を背景に、専門家としてITによる業務改革に挑む。

キリンビールの事業活動に必要となるIT基盤(サーバ、パソコン、データ、ネットワークなど)の導入及び運営、社内のデータ活用推進を担当しました。業務を通じてITの基礎スキルを習得した時期です。当時はWindows95の発売やインターネットの普及など社会の情報化が急激に進み、キリンビールも情報システムの活用による業務変革を積極的に推進していました。その中で、IT・データの専門家としてシステムを提案し、導入を主導。すでに事業活動にITは欠かせない存在でしたので、「IT基盤の停止は事業活動の停止につながる」という責任感とプレッシャーを感じていました。当時のコンピュータは今より安定性が悪く、想定外のトラブルへの対応力が鍛えられました。

2000年4月(入社5年目)

キリンホールディングス株式会社
情報システム部

社内外に人的ネットワークを広げる。100名超のプロジェクトで、組織マネジメントの基礎を学ぶ。

キリンホールディングスに異動し、キリングループ全体のIT戦略の策定と、グループ横断の大規模IT投資案件の実行を担当しました。経営課題や事業課題に対して、ITをどのように機能させていくのかに悩み続けた日々。課題解決を進めるために社内外の関係者と協働することが多く、人的ネットワークを広げ、ビジネスの視野を広げた時期でもありました。また、大規模IT投資案件として、社内の電話をアナログからIPへ移行する「IP電話導入プロジェクト」のプロジェクトマネジャーを担当しました。100名を超えるプロジェクトチームをまとめる経験から、組織マネジメントのベースを学びました。

2007年4月(入社12年目)

キリンビジネスシステム株式会社
経営企画部 部長代理

IT活用のための組織改革に挑戦。デジタル技術の最前線・アメリカで、新しい時代を予感。

IT子会社の経営企画部に所属し、キリングループのIT組織力の強化を進めました。効果的なIT活用と、そのためのIT組織力向上に向けた取り組みに注力。組織強化の一環として、システム専門会社とのアライアンスを組むなどの大規模な組織改革も実施しました。また、2008年には米国の大学にコンピュータサイエンスを学びに短期留学。そこでの経験がその後のキャリアに大きく影響しています。当時の日本ではまだ普及していなかったスマートフォン、クラウドサービス、機械学習を学び、ビジネスにどのように展開するか真剣に討論する中で、近い将来、デジタル技術の進展がビジネスに大きく影響を与える時代が来ることを肌で感じました。

2013年4月(入社18年目)

キリンホールディングス株式会社
情報戦略部

幅広い領域でのIT活用を推進。スマホやSNSの台頭に、デジタルマーケティングの必要性を痛感。

IT子会社の組織力強化の後、キリンホールディングスに異動し、キリングループのビジネスにおけるIT活用の推進を担当しました。具体的には、人事、経理、調達、品質保証、研究開発、マーケティング領域でのIT活用に関わり、ビジネス要件を整理し、ITをどのように組み込むか設計する力をつけることができました。この頃、スマホの普及やSNSなどデジタルメディアの台頭で社会全体のデジタル化が進展する中、お客様との関係構築を担うマーケティング領域でのIT・データ活用が必要になるとの強烈な課題認識を持ち始め、その後、デジタルマーケティング部への異動を希望するきっかけになりました。

2015年4月(入社20年目)

キリンホールディングス株式会社
デジタルマーケティング部

自ら希望し、新設部署へ。お客様を主語としたデジタルマーケティングに力を注ぐ。

新設されたデジタルマーケティング部にて、マーケティング活動に必要となるIT・データの統轄を担当。お客様を主語にしたマーケティング活動を展開するため、お客様理解のためデータ分析やお客様にとって心地よいデジタル施策の実現を進めました。お客様の目線で考えることの重要性と難しさを学ぶとともに、デジタルだけではなく、マスコミュニケーションや店頭、料飲店などリアル接点も含め、トータルで最善の施策を考える構想力と企画力を鍛えられました。2008年に米国で妄想したことが実ビジネスに展開されるのを目の当たりにして、技術の進化と、それによる社会やお客様の変化をすばやくキャッチアップして打ち手を考える重要性を改めて感じました。

2020年4月~(入社25年目)

キリンホールディングス株式会社
経営企画部
DX戦略推進室

技術領域のリーダーとしてキリングループのDXを推進。デジタル人材の育成にも携わる。

新設されたDX戦略推進室にて、グループの経営課題や事業課題と向き合い、デジタルによる改善や変革を推進しています。特に技術領域におけるリーダーとして、技術面を軸とした事業への新しい価値創造に注力。また、キリングループが継続的にデジタルを活用できるよう組織を構築するとともに、必要となるデジタル人材の獲得・育成を実施しています。前職場ではマーケティング領域に限定していた活動が、DX室では全事業領域が対象となりました。これまでと同じやり方では限界があるため、社内外のネットワークを駆使した新しい組織運営を試行錯誤しながら、デジタルによる事業変革にチャレンジしています。

キャリア形成の上で大事にしていることは?

自身の軸を明確にすることを大切にしています。その軸を中心にして、将来どのような人物になりたいのかを常に意識。ただし、一度決めた将来像に固執しすぎず、社会やビジネスの環境の変化に応じて柔軟に修正することも大切だと考えています。私には、デジタルICT領域を軸として、さまざまな事業に貢献できる可能性があります。社会や事業の状況を把握し、「今、どの事業領域で貢献すべきか」「今、どの事業領域で貢献したいのか」という意志を常に持つことが成長機会をつくると考えています。また、キャリア形成において無駄な仕事はありません。後から振り返って「あの時の仕事が今のキャリアに役立っている」と感じることはよくあります。だからこそ、目の前の仕事に興味関心を持ち、全力で向き合うことを心掛けています。

これから挑戦したいことは?

社会全体のデジタル化が進む今、キリングループがデジタルを活用した新しいサービスを創出するチャンスもあると考えます。社会、お客様、パートナー会社、そしてキリンにとって、新しい価値を創造することを考え続けていきたい。特にキリングループの新たなチャレンジでもある、健康領域で実現したいと考えています。また、デジタル技術は場所や時間の制約をなくことができます。海外事業会社を含めたグローバルでの新たな取り組み、新たなサービスも創造していけたらと思います。

※所属の企業・部署名などは当時のものです。

滋賀工場 エンジニアリング環境安全担当
2003年入社
出身:化学工学専攻

KEYWORD

エンジニアリング/設備導⼊/⼯場新設/海外/マネジメント

2003年4月(入社1年目)〜

キリンエンジニアリング株式会社
福岡事業部

工場の大規模リニューアル。キャリアのスタート直後から、仕事のスケールを実感。

約半年間の研修を終えた後、キリンエンジニアリングに出向し、福岡工場リニューアルチームに配属されました。約3年間をかけて、福岡工場をリニューアルするという大規模なプロジェクト。私の初仕事は、新しく設置する100台以上のポンプの能力選定と、タンクや配管を洗浄するための設備を作り上げること。この福岡工場のリニューアル工事では全国から優秀なエンジニアが集まっていたため、先輩方から設備設計を教わり、短期間で多くのことを吸収できました。

2004年4月(入社2年目)〜

キリンビール株式会社
生産技術部
エンジニアリング第1グループ

燃料転換プロジェクトに従事。新たなビジネススキーム構築を手がけ、活躍領域の広さを知る。

ビールの製造や設備洗浄には蒸気が必要です。それまでは重油ボイラで蒸気を製造していましたが、全工場のボイラを小型のガスボイラに入れ替えるプロジェクトが立ち上がりました。私は入社2年目からこの業務を担当。設備能力の選定や技術的な検討に加え、燃料を重油からガスに転換することでCO2の削減とコストダウンを達成するため、商社との合弁会社を設立しました。当時画期的だったこのビジネススキームは現在も続いており、他の設備にも展開されています。また、本社に在籍したことで全工場のエンジニアはもちろん、部門を超えて人脈が広がり、キリンという会社におけるエンジニアの重要性を実感しました。

2007年4月(入社5年目)〜

キリンエンジニアリング株式会社
神戸プラント部

多種多様な設備導入を通じて、プラントエンジニアリング技術をさらに高める。

神戸工場のエンジニアリング技術員として、数億円規模から小規模まで、数多くの設備投資案件を担当しました。現在、神戸工場の至るところで私が担当した設備が稼働しています。初期検討から工事まで、困難を乗り越えながら進めた設備が立ち上がる達成感を、力を合わせたメンバーと共有できることに喜びと充実感を感じていました。また当時、国内ビール工場No.1の省エネを誇った神戸工場で、さらなる省エネ推進を通じて製造プロセスを深く理解できたことが、後のLION社での技術貢献にもつながっています。

2011年10月(入社9年目)〜

キリンビール株式会社
滋賀工場
エンジニアリング担当

工場の新設を担当。さらに経営リテラシーや英語のスキルなど、研修を通じて自分を広げる。

キリンビール滋賀工場のサイト内に、キリンビバレッジの工場も立ち上げるプロジェクトを担当しました。経験を存分に生かしながら、既存建屋の整備やエネルギー供給設備の計画、各所轄官庁との協議、スキームの構築などを進めていきました。また、経営や語学など、エンジニアリング以外の知識やスキルの習得にも注力。オーストラリアとの人材交流プログラムにも参加しました。子どもが小さく、業務も多忙だったために研修には苦労しましたが、習得した知識と人脈、そして最後までやり抜く力は今に活きています。

2014年4月(入社12年目)〜

LION Engineering Manager

欧米式の仕事環境に戸惑いながらも、海外でのエンジニアリング業務を成功させる。

オーストラリアにあるLION社に出向。LIONにいる約5000名の社員のうち、キリンからの出向社員はわずか8名。エンジニアに至っては私1人だったため、エンジニアリング部門はもちろん、製造部門、生産効率化企画部門、さらにはキリンとの人材交流の企画など、幅広い業務を担当しました。経験したことのなかった欧米式の仕事には戸惑うことばかり。しかし、キリンで培った技術や知見を持ってアプローチを重ねるうちに少しずつ信頼を獲得し、大規模な共同プロジェクトを実施するに至りました。この期間に学んださまざまなマネジメント手法は、現在の部署でも活用しています。

2017年10月(入社15年目)〜

キリンビール株式会社
生産部 設備担当

これまでの学びを総動員し、全社設備投資戦略を立案する。

キリンビールの本社生産部において、全9工場の設備の取りまとめを担当しました。ちょうど中期経営計画を策定するタイミングだったため、着任して早々、キリンビールの中長期設備投資計画を立案。世の中の環境変化や市場動向、工場の生産体制や設備の状況を踏まえ、これから会社として注力するポイントや、必要な設備投資・設備保全について関係部門と協議を重ね、中長期設備構想としてまとめ上げました。

2019年1月(入社17年目)〜

キリンビール株式会社
滋賀工場
エンジニアリング環境安全担当

チームマネジメントを学ぶ。チームでの目標達成と、メンバーの成長が何よりのやりがい。

エンジニアリング環境安全部長として約20名のメンバーをマネジメントするほか、エンジニアリング、環境、安全部門の責任者として業務を行っています。リーダー業務は予想外の連続ですが、メンバーひとりひとりがいきいきと働き、力を存分に発揮できる環境を整えることが特に重要だと考え、その実現に向けて奮闘中。また、滋賀工場の将来を見据え、さまざまな計画の立案と実行も進めています。滋賀工場のエンジニアリング環境安全担当は若いメンバーが多いのですが、とてもチームワークがよく、活気があふれています。このメンバーで仕事ができる喜びを感じながら、メンバー育成や将来に向けた設備の導入、環境の変化に合わせた部門の仕組みづくりを行っています。

キャリア形成の上で大事にしていることは?

キャリアについて中長期の視点で目標を掲げ、業務や学習を通じて自分自身のスキルを伸ばすことです。環境変化が速い時代だからこそ、今の自分の考えに固執せず、自分の周囲にあるよいものを常に取り入れていくよう心掛けています。入社した時には、このような多彩なキャリアは想像できませんでした。新しい場所で新たなことを学び、そして職場や家族など周囲の方々に支えられて、人として成長する機会を頂いたと感謝しています。

これから挑戦したいことは?

エンジニアリングのキャリアの延長線上として、キリングループの新規事業の開発や発展に携わってみたいと思います。これまでのキャリアでは、新しい場所に赴任するたび、初めてのことに挑戦してきました。新しい場所や知見、文化に触れ、経験を積み重ね、視野を広げることに充実感を感じています。これからも、自分にとって未知の分野に積極的にチャレンジすることで成長につなげたいですね。

キリンビール株式会社 技術部
2009年入社
出身:環境科学研究科 環境科学専攻

KEYWORD

エンジニアリング/省エネ・環境/本社/産休・育休/CSV

2009年4月(入社1年目)〜

キリンビール株式会社
福岡工場エンジニアリング担当

たったひとつのバルブから始まった大失敗。生産現場の責任を痛感。

製品を容器包装に詰めるパッケージング工程の設備改善・省エネルギー推進を担当しました。業務を通じて、生産現場で大切な考え方やエンジニアリング業務の基礎・基本を学ぶことができました。その中で入社1年目にバルブの仕様を間違えて選定し、製造を止めてしまうという一生忘れられない失敗を経験。このバルブをきっかけに、設備選定の重要性や、生産全体へ及ぼす影響の大きさなどを痛感しました。

2012年4月(入社4年目)〜

キリンビール株式会社
エンジニアリング部
環境・エネルギー担当

さまざまなビール工場の省エネルギーを推進。共通した原理・原則を見出す。

本社にて、キリンビール9工場の省エネルギー推進を担当しました。同じ製品を製造していても、工場によって設備やエネルギー効率は異なります。そのような中で、どうすれば全工場が最小限のエネルギーで製造できるのかを検討しました。また、省エネを現場・現物・現実の三現主義で理解し改善すべく、名古屋工場に2週間滞在。設備や条件が異なっても、共通するエネルギー使用の原理・原則を学を学びながら、本社としての役割で省エネを実現していきました。

2013年1月(入社4年目)〜

キリン株式会社
環境推進部(事業環境担当→環境情報担当)

環境への取り組みをさまざまな媒体で広報。生み出した価値の届け方を学ぶ。

キリンビール、キリンビバレッジ、メルシャンにおける環境への取り組みを、お客様へお伝えする業務を担当。WEBやSNS、雑誌、工場見学、社外イベントなどさまざまな媒体を通じて、キリンの取り組みをいかにわかりやすく伝えるかに悩みました。WEBサイトの改造を検討したり、展示会でお客様に対面でご説明したりと、技術系職場にはない業務を経験することができました。また、「方針・ビジョンを策定する」「取り組みを行う」「広報する」という一連の活動を貫いて初めて、生み出した価値をお客様にお届けできるのだと学びました。

2014年11月(入社6年目)〜

産休・育休
(第1子)

初めての出産・育児。わが子とゆったり過ごしながら、仕事にはない刺激を受ける。

初めての出産・育児に戸惑いながらも、子どもとゆったり過ごすことができた貴重な時間でした。子どもと一緒に地域の子育て広場に飛び込んでみたり、何カ所も保育園の見学に行ったりと、仕事とは全く違う環境からいろいろと刺激を受けました。職場復帰前には夫と家事・育児の分担を決めたり、送迎を意識した生活時間を試してみたりと準備をしました。

2016年5月(入社8年目)〜

キリン株式会社
CSV推進部

環境をテーマに、CSV戦略を策定・実行。業務の対象がグループ全体へ。

環境をテーマとしたCSV戦略を策定し、取り組みを推進しました。具体的には、キリングループの事業に不可欠な生物資源の持続性を高める取り組みとして、「生物資源利用行動計画」の改定に携わり、紙製容器包装にFSC認証紙を導入。また、キリングループ全体の環境に関するデータを集約して「キリングループ環境報告書」で開示するとともに、投資家などによる環境対応への調査にも対応しました。業務の対象がグループ全体へと広がり、同様の取り組みをする異業種他社との協働も経験するなど、視野を大きく広げることができました。

2017年10月(入社9年目)〜

キリンビール株式会社
技術部

エネルギー関連の業務を担当。第2子の出産を控え、引き継ぎを意識しながら進める。

キリンビールにおける省エネルギー目標の設定や、エネルギー予算の策定・管理などを担当しました。配属直後に第2子の妊娠が判明したため、業務をいかに後任へ引き継ぐかを考えつつ、産休までの限られた期間でどこまでアウトプットを出すかを意識しながら業務を進めました。

2018年3月(入社9年目)〜

産休・育休
(第2子)

2人の育児に大忙し。でも、2度目の余裕で、焦ることなく職場復帰。

長女を連れて里帰りし、親のサポートを受けながら産前産後を過ごしました。自宅に戻ってからは、育児休暇中といえども長女の時のようにゆったりはできず、2人の育児で何かと慌ただしい毎日でした。一方で、すでに経験済みだった保育園選びや職場復帰については、焦らず対応することができました。保育園で同じく育休中のママ友と、子供を公園で遊ばせながら話をして、育児の息抜きをしていました。

2019年5月(入社11年目)〜

キリンビール株式会社
技術部

キリングループ全体の気候変動対策に着手。グループ各社と連携し、解決へ一歩ずつ。

キリングループ全体の気候変動対策を推進しています。キリングループが新たに掲げた環境ビジョンの実現に向けて、温室効果ガス削減目標・再生可能エネルギー拡大目標の達成を目指し、グループの各社と連携。戦略・方針の策定に始まり、具体的な施策の立案・実行支援まで多岐にわたる業務を、部内外の協力を得ながら進めています。チャレンジングな目標だからこそ、達成に向けては課題も山積み。グループの力を結集してひとつひとつ解決しながら成果を積み上げ、解決に寄与したいと考えています。

キャリア形成の上で大事にしていることは?

入社動機と、仕事・生活に対する価値観を大切にしてキャリアを形成したいと思っています。入社動機である『先進的な取り組みをキリンで進めることで、環境問題の解決に貢献したい』という想いは今も不変。その想いを自分に問いかけ、確認しながら今後のキャリアを考えるようにしています。また、さまざまな業務経験やライフイベントによって変化していく、その時々の価値観を大切に判断したいと思っています。仕事は一度しかない人生の一部にすぎませんが、多くの時間を割くものです。仕事を通じて、人生が豊かになるようにしたいですね。

これから挑戦したいことは?

「キリングループ環境ビジョン2050」の実現に挑戦していきたいです。環境問題への取り組みは、今や地球規模で企業や自治体、NGOなどあらゆる組織が同じ志で取り組むようになっています。これからは組織の垣根を越えて協調する領域が今以上に広がっていくのではないかと考えています。そのような社外との連携により、自社だけではなく業界、社会へと波及効果を出していくことで環境ビジョンを実現し、地球環境問題を解決していきたいです。

キリンホールディングス株式会社 R&D本部 キリン中央研究所
1999年入社
出身:家政学研究科 栄養学専攻

KEYWORD

研究/素材開発/産休・育休/機能性表⽰⾷品/マネジメント

1999年4月(入社1年目)〜

キリンビール株式会社
R&D本部
応用開発センター
→キリンビール株式会社
機能食品カンパニー
開発研究所

ビール醸造から生まれる、副産物の高付加価値化に挑戦。

応用開発センターに配属され、ビール醸造の副産物である「ビール酵母細胞壁」を使った特定保健用食品の開発に従事。先輩の指導のもと、素材開発やトクホ申請を経験しました。その後、新たに立ち上がった開発研究所に配属されましたが、開発内容はそのまま継続することができました。

2006年3月(入社7年目)〜

キリンヤクルトネクストステージ株式会社
商品開発部
商品開発研究所

ヤクルト乳業社との協働を通じ、相互理解の大切さを学ぶ。

ヤクルト乳業社との合弁会社が設立され、その研究所に配属されました。風土が異なるヤクルト乳業社の研究員と、同じ組織で働く貴重な機会。考え方もバックグラウンドも違うからこそ、物事や理解の前提をそろえてから話し合うこと、丁寧に言葉で伝えることの大切さを学べました。この期間に、食餌代替型ダイエット食品「リエータ」を始め、いくつかの特定保健用食品の開発に従事しました。

2007年3月(入社8年目)〜

産休・育休

復帰後をイメージしながら過ごした、産休・育休期間。

出産と育児で慌ただしく過ごしながら、職場復帰に向けても準備。復帰後の生活リズムや動線をイメージしながら過ごしていました。休暇中に所属していた合弁会社が解散となったため、復帰場所がどこになるのかは少し不安でした。子供が生後10か月になるタイミングで、フルタイム勤務での職場復帰を果たしました。

2008年12月(入社9年目)〜

キリンホールディングス株式会社
健康・機能性食品事業
推進プロジェクト


2013年4月(入社14年目)〜

キリンホールディングス株式会社
R&D本部
健康技術研究所

周囲の手厚いサポートを受けながら、テーマリーダーとして新商品の開発を手がける。

組織改編があり、異動とともに高崎市から横浜市へ転居。子どもを連れての転居だったこともあり、公私ともに軌道に乗せるのに苦労しました。仕事では、体の温まり効果を訴求した茶飲料をキリンビバレッジ社と共同開発。テーマリーダーを任されました。ワークライフのバランスがとりにくい時期だったためにリーダーとなることに不安がありましたが、上司に「全力で支援するから!」と背中を押してもらえました。子育て世代に対して職場の理解が大きく、周囲に支えてもらえたことにとても感謝しています。マーケットインの考え方で、0からエビデンスを積み上げて商品化する工程には多くの苦労がありましたが、市場ニーズを意識したスピード感ある開発経験は以降の業務姿勢に活かせています。

2015年4月(入社16年目)〜

キリンビバレッジ株式会社
マーケティング本部
商品開発研究所

機能性表示食品制度を利用した飲料開発。今後につながる貴重な知見を手に入れる。

機能性表示食品制度が施行されたタイミングでキリンビバレッジ社に異動。「SUPLI」シリーズなど、機能性表示食品制度を利用した飲料開発を手掛けました。技術的なバックグラウンドが少なかったために苦労も多かったのですが、原料調達、品質管理、製造などを一通り経験できたことで、以降の技術開発や素材開発における実現可能性の検討、費用対効果を考える際などに役立っています。

2016年11月(入社17年目)〜

キリンホールディングス株式会社
R&D本部
健康技術研究所

グループのマネジメントを担当。メンバーの個性を活かしながら、組織として力を発揮。

飲料やサプリメント開発の経験をもとに、素材開発や事業会社の機能性表示食品の届出、発売後の商品のエビデンス調査といった支援を手がけました。また、グループのマネジメントも担当。メンバー一人ひとりの強みや持ち味をしっかり引き出しながら、組織の目標をどう達成するかを考え、行動することの大切さと難しさを知りました。メンバーにどのように育ってもらいたいか、長期的な観点から考えることも重視しました。

2020年4月(入社21年目)〜

キリンホールディングス株式会社
R&D本部
キリン中央研究所

マネジメントと評価技術の整備を通じて、研究活動を推進。

研究グループのマネジメントを担当しています。そのグループの研究領域について私には技術的なバックグラウンドがなく、どう関わればいいのか難しさを感じることも。一方で、周囲の力を借り、メンバーの力を引き出しながら推進していくことにやりがいも感じています。また、研究に必要な評価技術の基盤整備にも携わっています。円滑な研究活動に貢献できるよう、力を入れていきたいと思います。

キャリア形成の上で大事にしていることは?

私のキャリア志向は「川下り型」。さまざまな環境変化に適応して、新しい仕事ひとつひとつに一生懸命に取り組むように心がけています。健康機能性事業はキリンにとって新規事業だったため、環境がよく変化しました。組織の枠組みが変わり、会社がなくなる経験もしました。また、ライフイベントによって仕事から離れることも、関わる密度を変えざるを得ないこともありました。その中で、周囲と力を合わせながら、転覆せずに漕ぎきることに楽しさと面白さがあると感じています。

これから挑戦したいことは?

健康機能性食品の開発研究、商品開発、アセスメントなど、幅広い領域に従事した経験を活かしながら、開発中の技術の事業化に貢献したいですね。

CAREER INTERVIEW
#04

キリンホールディングス株式会社 R&D本部 キリン中央研究所
2011年入社
出身:農学部 生命農学研究科

KEYWORD

基礎研究/応⽤研究/サプリメント/⽤途開発/商品化

2011年4月(入社1年目)〜

キリンホールディングス株式会社
フロンティア技術研究所

新たな免疫調節素材と向き合い、基礎研究から生産までの全プロセスを経験する。

麹菌から新たに発見された、免疫調節素材の機能評価や生産方法の開発に従事しました。免疫細胞を用いた基礎研究から、ヒト臨床試験や処方開発などの応用研究、培養方法の開発まで幅広い業務を担うことで、専門性と実験スキルを習得。研究開発におけるひと通りの流れも学べました。美肌などのなじみのない分野で苦労したこともありましたが、世の中にまだないものを自分たちで生み出す喜び、モノづくりの喜びを体感することができました。

2016年6月(入社6年目)〜

キリンホールディングス株式会社
健康技術研究所

美容サプリメントの開発に取り組む。社外の視点を知り、見える世界を大きく広げる。

麹菌から生まれた免疫調節素材の開発方向性を美容に絞り込み、サプリメント開発に取り組みました。具体的な業務は、工場での試作検討、製造コストの試算、機能性表示の活用を見据えたヒト臨床試験の実施、研究成果の社外発表など。ところが、連携していた事業会社の事情で製品化は断念。ひとつの製品を世に出すことの難しさを思い知りました。一方で、社外では賞に選出されるなど評価が高く、対外的にアピールすることの重要性や、世の中に目を向ければ見える世界が大きく変わることを知りました。

2017年4月(入社7年目)〜

キリンホールディングス株式会社
飲料技術研究所

炭酸素材の可能性を幅広い領域で探る。これまでにない経験が連続した、貴重な3年間。

どんな飲料にでも炭酸を付加できる炭酸素材についての新規事業開発を行いました。主な担当は、素材の生成メカニズム解明と、食を超えたヘルスサイエンス領域、医療領域、美容領域での新たな用途開発。オープンイノベーションを活用し、さまざまな分野の協業先と共同開発に取り組みました。それまでに経験のない開発色の濃い部署だったため、根本的な仕事への取り組み方やスピード感など、大きく視野が広がったターニングポイントと呼べる3年間です。また、気体化学の専門性が身についたほか、専門外だったプラント設計に触れたり、多くの人脈を築けたり、日本各地を飛び回ってお客様の生の声を収集したりと、貴重な経験をいくつも重ねることができました。

2020年4月~(入社10年目)〜

キリンホールディングス株式会社
キリン中央研究所

麹菌由来美容素材をついに商品化。世に出た商品を、さらに育てるフェーズも経験。

麹菌由来美容素材の開発に再び従事。この素材の生産系を構築し、製造体制を整備することによって、共同開発先である株式会社ファンケルに原料として提供しています。長年開発に携わってきた素材をついに商品化することができ、粘り強く続けることの大切さを実感しています。また、免疫機能を維持させるプラズマ乳酸菌の開発にも取り組んでいます。プラズマ乳酸菌の安定製造や生産効率向上のために製造条件の見直しを行っているほか、新たな商品開発におけるアセスメントや課題解決も手がけています。すでに上市されている商品・ビジネスを育てていくフェーズと、基礎研究知識も必要とされる商品開発業務を同時に経験できています。

キャリア形成の上で大事にしていることは?

「入社から10年の間に、研究成果を商品として世に出したい」。そんな想いを大切にしてきました。企業で研究に従事するからには、基礎研究に没頭するだけではなく、商品としてその成果を世の中に上市することでお客様に貢献したいと考えたからです。思い描いた通り、基礎研究から応用研究、商品開発までの一連の流れを経験することができましたが、これからは上市された商品を育て、ビジネスとして大きくしていくことにも挑みたいと考えています。そのためにも、ビジネスに必要な経営やマネジメントのスキルが必要です。さらに経験を重ねながら、新しいものを生み出すこと、新しいものを生み出せる人材を育てることに力を注ぎたいと思います。

これから挑戦したいことは?

小学生の頃から、バイオテクノロジーを通じて世の中に新たなものを生み出し、驚きと感動を与えることが夢でした。キリンに入社して新たなものを生み出すことはできましたが、まだまだ驚きと感動は与えきれていないと思っています。これからも研究開発を通じて、長年の夢を叶えられるような業務に携わりたいですね。また、研究開発した素材や商品を埋もれたままにせず、お客様にきちんと知ってもらい、しっかりと育てていくことにも取り組みたいと考えています。

メルシャン株式会社 藤沢工場 技術課
2013年入社
出身:理工学部 化学科

KEYWORD

⽣産・技術開発/家庭⽤ビールサーバー/産休・育休/キャリア/⼯場

2013年4月(入社1年目)〜

キリンホールディングス株式会社
R&D本部
パッケージング技術研究所

容器の基本を学び、「KIRIN Home Tap」の開発へ。世にないものを生み出すダイナミズムを味わう。

入社2年目までは容器の評価(強度試験や寸法のばらつき度合いの解析など)を担当。キリングループで取り扱う容器の基本を学びました。3年目以降、念願だった開発系のチームにて、家庭用ビールサーバー「KIRIN Home Tap」の開発を担当。経験のない家電製品の開発というだけで大変でしたが、周辺部材の設計・選定や、取扱説明書の作成、ビール専用PETボトル充填ラインの立ち上げに関わるなど、マーケティング部や調達部、工場と連携して「まだ世の中にないもの・サービス」をつくりだすダイナミックさや、多くの反響を得られるよろこびを常にやりがいとして感じていました。

2017年10月(入社5年目)〜

産休・育休

産休・育休を経験。先輩の体験談を聞く機会を活かし、復帰イメージに基づいて入念に準備。

子どもが1歳の4月になるまで育児休業を取得しました。復帰前に、職場リーダーとの面談やキャリアワークショップで先輩社員の体験談を聞く機会があったおかげで、ある程度自分の復職後の働き方を想定し、準備を整えた上で復帰できました。

2019年4月(入社7年目)〜

キリンホールディングス株式会社
R&D本部
パッケージング技術研究所

サーバー開発案件にこれまでの経験を活かす一方で、新たな活躍の舞台も模索。

休業前と同じく「KIRIN Home Tap」の担当として復帰。お客様から集まったご意見などを踏まえた改善を進めていました。また、これまでの経験を活かして他のサーバー開発案件にも関わり、新たな案件であれば「どんなサービスで、どんなビールサーバーが必要なのか」をマーケティング部とディスカッションしながら具体化したり、ビールサーバーに共通する課題の対応策を検討したりしていました。やりがいはとても大きかったのですが、入社以来ずっと同じ部署にいたこともあり、「自分はこのままでいいのかな?」「せっかく大きな会社だから、もっといろいろな経験を積んでみたい!」という想いが膨らみ、上司とのキャリア面談でそのことを伝えました。

2020年4月(入社8年目)〜

メルシャン株式会社
藤沢工場
技術課

まったく経験のないワインの世界へ。仕事だけではなく、人生の豊かさにもプラスが。

ワインの原料となる濃縮果汁の需給管理や、発酵レシピの管理、工程やコスト改善、新商品への対応などを行っています。これまでと勤務会社が違ううえに工場勤務の経験もなく、さらにワインをほとんど飲んだことがない状態からのスタートだったので不安も大きかったのですが、知識や経験が豊富な人と一緒に仕事を進めたり、自宅でもいろいろなワインを楽しんでみるうちに、できることが増えてきました。自分が思っていたよりも劇的な環境変化でしたが、仕事からプライベートの乾杯までずっとビール一辺倒だった自分が、藤沢工場に赴任したことをきっかけにワインに対する理解が深まり、仕事の知識やスキルだけではなく人生の豊かさにもプラスになったと思っています。

キャリア形成の上で大事にしていることは?

数年後にありたい姿と自分のやりたいことを並べて、目標と現状に隔たりがあれば、なぜそうなりたいのか、どうやったらその隙間を埋めることができるか、仕事とプライベートの両面から考えてキャリアを描くようにしています。ただし、すべてが思い通りになるとも限らないので、ありたい姿は数年に1度見直しながら、自分の目指す姿をブラッシュアップしています。

これから挑戦したいことは?

これまで、原料、中味、容器、ビールサーバーとさまざまな分野を経験してきました。どの分野でも「どうやったらお客様に喜んでいただけるか?」という観点で、コストとバランスを取りつつ技術的な工夫を重ねてきましたが、これからは決まった商品の枠内だけで考えを巡らせるだけでなく、この取り組みをさらに深化させ、新しい商品やサービスを生み出すことにも興味を持っています。今後は、お客様のニーズの根元を捉えるためにマーケティングの知識や経験も積んで、いつかお客様のハートをがっちりつかむヒット商品を生み出したいと思っています。

キリンビバレッジ株式会社 SCM部 企画担当
2005年入社
出身:生命農学研究科

KEYWORD

⽣産・技術開発/製造/品質保証/本社/商品開発/SCM

2005年4月(入社1年目)〜

キリンビバレッジ株式会社
舞鶴工場
製造担当

変化の嵐の中で、周囲と力を合わせて達成する喜びを知る。

安全・安心な商品を、安定的に低コストでつくるために製造方法の改善を行いました。工場勤務はルーチンワークのイメージがありますが、製造担当は毎日が変化の嵐。当時は年に約40品もの新商品に対応していました。その分、立ち上げに奔走した商品がついに量産された時や、店頭に並んでいるのを見た時の達成感は格別。1人ではできない仕事を、周囲を巻き込みながら達成していく喜びも知りました。

2007年4月(入社3年目)〜

キリンビバレッジ株式会社
分析評価センター

経験の少ない理化学分野で、チームリーダーとして活躍。論理性を身につける。

お客様から何らかのご指摘を受けた商品について、劣化の原因推定や香気成分の特定などを行う新たな分析法を立ち上げました。チームリーダーとして業務を牽引しながら、分析データバンクの拡充や、お客様対応を行う営業担当のための説明会も開催。経験の少なかった理化学分析に挑戦することで、原理原則を1から学び、メンバーや営業担当に論理的に伝えるスキルを身につけることができました。チームの年齢が近かったため、スポーツや飲み会などのプライベートも充実していました。

2009年10月(入社5年目)〜

キリンビバレッジ株式会社
品質保証部

海外を舞台にした品質向上のための取り組み。交渉を通じて度胸も身につく。

輸入品の品質を守るためのさまざまな業務に従事。海外会社における品質規定の立ち上げ、社告回収などのクライシス対応、ISO認証取得のための取り組みなど、1年のうち3か月は海外で過ごすエキサイティングな日々でした。グループ会社や取引先企業の役員クラスと仕事をする機会が増え、度胸も身につきました。一方で、輸入品のトラブル解決にあたっては、現地がなかなか動いてくれないことも。さらに深く生産指導に関わり、品質の高い商品をお客様に届ける仕組みをつくりたいと思うようになりました。

2012年4月(入社8年目)〜

キリンビバレッジ株式会社
生産部
生産管理担当

安全・安心を届けるための仕組みを構築。語学や経営にも学びを広げる。

新商品立ち上げのための基準作成や生産立ち合い、工場では対処しきれないトラブルへの対応、新規製造工場の立ち上げなど、安全・安心な商品をお客様にお届けするための仕組みづくりに従事。また、技術系社員の育成に関するプロジェクトにも関わりました。同年代が多い部署で切磋琢磨し、今につながる長い付き合いの仲間に巡り会えました。また、オーストラリアのLION社への短期研修や、新規事業提案の研修であるビジネスカレッジなど、技術以外の勉強を始める機会にも恵まれました。

2014年4月(入社10年目)〜

キリンビバレッジ株式会社
商品開発研究所
飲料開発担当 兼
嗜好リサーチ担当

初めて商品開発を担当。炭酸の専門家へと成長し、心から開発を楽しむ。

10年目にして、経験したことのなかった商品開発を担当。炭酸の専門家になろうと決意し、多くの人を巻き込みながらさまざまな取り組みを行い、複数の特許取得や社内賞の受賞を果たしました。メッツや「世界のKitchenから」といった酸性飲料の処方開発、お客様の嗜好調査、炭酸飲料の噴き出しと抑制についての研究、炭酸感の研究など、新商品開発とそのための技術開発が心から楽しみました。プライベートでは第2子が生まれ、育児休暇を取得。約1か月間、3食の献立を考えて料理することに四苦八苦しました。

2016年10月(入社12年目)〜

キリンビバレッジ株式会社
生産部
企画総務担当

これまで以上に広い視野から生産戦略を策定。念願だった輸入品の品質向上にも着手。

技術系部門におけるチャンスや課題を見つけ、社内外を大きく巻き込みながら実現・解決していく役割へ。中長期の生産戦略策定、製造設備への設備投資計画の策定、製造委託工場との費用交渉、ボルヴィックの新商品対応・品質管理、海外グループ会社の窓口、人材育成計画の策定や採用活動など、非常に幅広い業務を経験しました。また、念願だった輸入品の生産窓口となり、品質のための仕組み構築やトラブルの再発防止など、試行錯誤しながらも現地との協力体制が築けたことに達成感を感じました。

2020年4月(入社16年目)〜

キリンビバレッジ株式会社
SCM部 企画担当

自ら手を挙げ、変化の時代にふさわしいサプライチェーンの構築に従事。

物流環境が大きく変わる中、その変化に対応できるサプライチェーンを構築したいと志望し、SCM(サプライチェーンマネジメント)部創設のタイミングで企画担当のリーダーになりました。戦略の策定・実行、新技術・システムの導入、人材育成プログラムの策定・運用、海外物流対応、組織活性化など、チームや関係部門と協力して課題を整理し、「中長期」「連携」「主体性」をコンセプトに取り組み、成果を創出。個性豊かなチームメンバーとともに、ポジティブ&チャレンジをキーワードに試行錯誤しています。

キャリア形成の上で大事にしていることは?

経験したことのないチャレンジでも、自分にできること、貢献できることは何かを考え、行動し、周囲の協力を得ていけば、達成できると考えています。また、どんな仕事にも、やってみれば楽しさがあります。自分が「楽しめそう」「面白そう」と感じたことに挑戦する機会を意識して増やすことで自分の幅を広げるようにしています。これからも、いろいろな人と話し、読み、経験し、挑戦しながら、もっと楽しく仕事をしていきたいと考えています。

これから挑戦したいことは?

以下の3つを継続してやっていきたいと考えています。 ①周囲の人の成長を支援したい(家庭も仕事も)。 ②経営や研究など、新しい分野に挑戦し、成長したい。 ③自然や環境をテーマにしたCSVを仕事で実現し、社会に貢献したい。